今月のおいしいもの

tonari の6月のおいしいものは、読書珈琲リチルさんの珈琲豆です。


small garden、今回の植物をテーマとした展示に合わせて、2つの珈琲豆、「忘野」と「霧園」を選んでいただきました。
まるで小説の一節のような、タイトルと言葉。
霧深い森の中や、野原の幻想的な風景を思い浮かべつけてみました、とのこと。

想像力を掻き立てられる、この2つの珈琲豆が誘うのは、果たしてどのようなお話でしょうか。
その珈琲を口にするとき、あなたの空想の中に浮かぶ景色やイメージは....




【 忘野(ワスレノ) 】

豆の種類 : イルガチェフェ 中煎り

蜜柑香に誘われるまま彷徨いながら辿り着く、日常のなかで忘れ去られた心の沃野。


鳥の囀り。高原を吹き抜ける透明な風。

かすかに甘いかろやかな珈琲。

紅茶のようなすっきりとしたのみ心地です。



【霧園(キリソノ)】

豆の種類 : マンデリン 深煎り

手探り探索、霧の園。エキゾチックな植生を愉しむうち取り込まれる眩惑の珈琲迷宮。


インドネシアの至宝。

ミルキーな「にがあま」さと楽園幻想をかきたてる南国果実



◎読書珈琲 リチル

リチルは読書と珈琲を静かに愉しんでいただくための小さな店です。

珈琲豆は「手廻し焙煎機」による自家焙煎。

ネルドリップで一杯ずつ丁寧にお淹れいたします


http://www.litir-books.com





tonariでは、毎月、おいしいものをご用意しています。

来月も、お楽しみに。